不動産売却の際はインスペクションをするべき?メリットや費用も解説!

不動産売却の際はインスペクションをするべき?メリットや費用も解説!

この記事のハイライト
●インスペクションとは、建物の品質や欠陥などを専門家が客観的に調査することである
●インスペクションを実施すると、早期売却につながるなどのメリットを得られる可能性がある
●インスペクションにかかる費用の目安は、5~15万円ほどである

不動産をスムーズに売却するためには、購入検討者の不安を解消することが有効です。
そのための手段の1つに、インスペクションが挙げられます。
そこで今回は大阪府高槻市で不動産の売却をご検討中の方に向けて、インスペクションとはなにか、メリットや費用などをふまえながら解説します。

\お気軽にご相談ください!/

インスペクションとは①概要と不動産売却時に実施するタイミング

インスペクションとは①概要と不動産売却時に実施するタイミング

2018年4月に宅地建物取引業法の一部が改正され、不動産を売買の仲介をする際はインスペクションの説明をすることが義務化されました。
そのため、不動産を売却する際は、不動産会社などからインスペクションの説明を受けます。
インスペクションを実施すると不動産売却に有利に働く可能性があるので、概要を把握しておきましょう。

インスペクションの概要とは

インスペクションとは調査や点検を意味する言葉で、不動産においては物件の品質や欠陥などを専門家が客観的に調査することを言います。
調査をおこなうのは、既存住宅状況調査技術者の資格を持つ建築士です。
基本的な調査方法は目視であり、調査対象は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」です。
具体的には基礎や土台、柱や外壁、屋根や開口部などのひび割れや欠損の有無などが調査されます。
これらの調査をおこなうと、雨漏りやシロアリ被害、家の傾きの有無などがわかり、住宅として問題のない品質であるかどうかが判明します。
なお、基本調査以外の調査も依頼できますが、オプションの対象となって別途費用が発生する可能性があるので注意しましょう。
また、浴室乾燥機やインターホンなどの設備はインスペクションの対象外なので、不動産売却前に売主がしっかりと動作確認をしておきましょう。

インスペクションを実施するタイミングとは

不動産を売却する際にインスペクションを実施する場合は、おすすめのタイミングが2回あります。
まず、不動産売却の流れを確認しておきましょう。
買主を見つけて不動産を売却する場合は、基本的に以下の流れで進めます。

  • 不動産の査定を受ける
  • 仲介を依頼する不動産会社を決めて媒介契約を結ぶ
  • 売却活動を開始する
  • 買主が決まったら売買契約を結ぶ
  • 決済の完了後に不動産を引き渡す

この流れのなかで、インスペクションを実施するおすすめのタイミングは、「不動産の査定を受ける前」と「媒介契約を結んだあと」です。
査定を受ける前がおすすめの理由は、インスペクションの結果が反映されて、より精度の高い査定額がわかるからです。
査定額はその不動産が売却できそうな金額なので、精度が高いと実際の売却価格との誤差が少なくなるでしょう。
そして、媒介契約を結んだあとがおすすめの理由は、媒介契約を結ぶときに不動産会社からインスペクションの説明や業者の斡旋を受けられるからです。
インスペクションについて相談したい方や、どの業者に依頼するべきか迷っている方は、説明を受けてから実施すると良いでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却時に注意するべき契約不適合責任とは?回避につながる方法も解説

\お気軽にご相談ください!/

インスペクションとは②不動産売却時に得られるメリット

インスペクションとは②不動産売却時に得られるメリット

インスペクションは義務ではありませんが、実施するとさまざまなメリットを得ることができます。
そのため、不動産を売却する際は、インスペクションを実施することがおすすめです。
おもな3つのメリットについて、それぞれ確認しておきましょう。

メリット1:不動産の早期売却につながる

インスペクションを実施すると、不動産をスムーズに売却できる可能性が高まります。
その理由は、専門家による調査結果がある不動産は、買主が安心して購入できるからです。
不動産は一見しただけでは不具合の有無がわかりにくいので、買主が不安を感じると、売れるまでに時間がかかるかもしれません。
インスペクションを実施していると、建物に関する不安要素が減少するため、実施していない物件よりも比較的早く売却できると考えられます。

メリット2:不動産の価値が高まる可能性がある

インスペクションを実施すると、不動産の価値を高めることができ、より高く売れる可能性があります。
たとえば、築年数のわりに物件の状態が良いことがわかると、当初の予定よりも売り出し価格を高く設定できるかもしれません。
また、修繕が必要なことがわかった場合でも、しっかりと直せばそのまま売り出すよりも高く売れる期待が持てるでしょう。

メリット3:契約不適合責任を問われる心配が減る

契約不適合責任とは、種類や品質などが契約した内容と異なる場合に売主が負う責任です。
たとえば、契約書に記載していない雨漏りなどが売却後に見つかった場合は契約不適合責任を問われ、買主から追完請求や代金減額請求などを受けてしまいます。
追完請求を受けると修繕をしなくてはならず、代金減額請求を受けると売却代金の一部を返さなくてはなりません。
ただし、不動産に不具合があっても、契約書にその内容が記載されていて買主が納得していれば、契約不適合責任を負う心配がなくなります。
そのために役立つのが、インスペクションです。
インスペクションを実施すると、不動産にある不具合を把握できるので、契約書にもれなく記載できます。
このように、インスペクションにはトラブルの防止につながるメリットもあるので、実施しておくと安心して不動産を売却できるでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却時に注意するべき契約不適合責任とは?回避につながる方法も解説

\お気軽にご相談ください!/

インスペクションとは③不動産売却時に実施するとかかる費用

インスペクションとは③不動産売却時に実施するとかかる費用

インスペクションには多くのメリットがあるので、不動産を売却する際は実施することがおすすめです。
ただし、インスペクションを実施する際には費用がかかります。
そのため、不動産売却前にインスペクションを実施する場合は金額の目安を確認して、売却にかかる諸費用に含めておきましょう。

インスペクションにかかる費用の目安とは

インスペクションを実施するとかかる費用の目安は、5万円前後だと言われています。
マンションと一戸建てとで多少の差が生じることもあり、マンションは5万円ほど、一戸建ては延床面積によって4万5,000~6万5,000円ほどの金額になることが一般的です。
ただし、これは基本料金の目安であることに注意しましょう。
インスペクションを実施する際に基本調査以外を依頼すると、オプション料金が発生します。
たとえば、床下への進入調査や屋根のカメラ調査、給排水管路検査などはオプションの対象です。
オプション調査の費用は内容にもよりますが、すべて合わせて1~8万円ほどかかることが多いでしょう。
さらに、報告書の作成費用が基本料金とは別になっていることがあるので、その点も確認しておきましょう。
報告書の作成に別途費用がかかる場合、相場は1万円ほどです。
以上を合計すると、インスペクションには5~15万円ほどの費用がかかると考えられます。

インスペクションにかかる期間の目安とは

インスペクションを実施する際は、費用だけではなく時間もかかります。
インスペクション自体にかかるのは1~3時間ほどですが、依頼してから報告書を受け取るまでは2週間ほどかかるでしょう。
業者選びや検査の内容を決めるのに手間取ると、さらに時間がかかる可能性があります。
不動産の売却には通常3か月~半年ほどの期間がかかると言われていますが、インスペクションを実施する場合はさらに時間が必要になるかもしれないので注意しましょう。
とくに、売却を終えたい期日がある場合は、余裕を持って進めることが大切です。

この記事も読まれています|不動産売却時に注意するべき契約不適合責任とは?回避につながる方法も解説

まとめ

不動産を売却する際は、インスペクションを実施することがおすすめです。
インスペクションを実施すると早期売却が期待できるほか、契約不適合責任を問われる心配が軽減します。
実施する場合は費用や時間がかかるので、その点をふまえて売却計画を立てましょう。
高槻市で不動産売却するなら「ハウスドゥ高槻南店」へ。
不動産売却だけではなく、不動産買取のご提案も可能です。
お客様のご要望に真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-668-2246

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日、年末年始

関連記事

売却手続き

不動産買取

税金関連

売却査定

お問い合わせ