不動産売却前に価格査定を依頼しよう!机上査定と訪問査定の違い

不動産売却前に価格査定を依頼しよう!机上査定と訪問査定の違い

この記事のハイライト
●不動産会社に査定を依頼する前に、自分でも相場を知ることが大切
●目安となる査定額を知りたいならデータによる机上査定が有効
●現地訪問をともなう訪問査定は、実態に即した査定結果が得られる

不動産売却の際は、売り出し価格を決めなければなりません。
もちろん売主が自由に設定することは可能ですが、適正な価格でなければ買主は見つからないでしょう。
そのため、不動産会社に価格査定を依頼して物件の価値を調べるのが一般的です。
そこで今回は、不動産売却にあたり知っておきたい価格査定について解説します。
高槻市で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

価格査定の前に不動産売却の相場を調べる方法

価格査定の前に不動産売却の相場を調べる方法

不動産は物件ごとに条件が大きく異なるため、現実的な価格を知るためには不動産会社による価格査定を実施する必要があります。
しかし、自分でも周辺の価格相場などからおよその金額を推定することは可能です。
できるだけ高い価格での売却や、スムーズな売却をおこなうためにも、相場を把握しておきましょう。
自分で価格相場を調べる際は、以下の2点を意識してみてください。

  • 周辺にある類似物件の取引価格を調べる
  • 公的な価格を調べる

それぞれどのような方法があるのか、確認していきましょう。

周辺にある類似物件の取引価格を調べる

価格相場を手軽に知るには、不動産情報サイトで類似条件の物件がいくらで売られているのかを調べる方法があります。
おもに以下の条件項目を参考にしながら、比較してみてましょう。

  • 築年数
  • 間取り
  • 広さ(坪単価・平米単価)
  • 最寄駅と最寄駅までの距離

ただし、不動産情報サイトで得られるのは売り出し価格に過ぎません。
実際に取引される成約価格は、売り出し価格より安くなることも多い点にご注意ください。
取引価格を調べるには、以下の情報サイトを活用する方法があります。

  • レインズ・マーケット・インフォメーション
  • 土地総合情報システム

それぞれの利用方法を確認していきましょう。

レインズ・マーケット・インフォメーション

レインズ・マーケット・インフォメーションとは、不動産流通機構が運営する取引情報のポータルサイトのことです。
一般の方は閲覧できないものに、不動産会社専用のレインズがあります。
レインズ・マーケット・インフォメーションでは、レインズの情報に基づいて直近1年間の取引情報を調べられます。
一戸建てやマンションの価格相場を知りたいときにおすすめです。

土地総合情報システム

土地総合情報システムとは、国土交通省が提供する情報サイトのことです。
不動産の取引価格はもちろんのこと、公示地価や都道府県地価調査の結果も検索できます。
レインズ・マーケット・インフォメーションには掲載されていない農地・林地について調べたいときにおすすめです。
なお、一戸建てについては「土地と建物」の分類となります。
個別の内訳はわからないため、建物のみの値段を調べたいときにはご注意ください。

この記事も読まれています|不動産売却の際はインスペクションをするべき?メリットや費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における机上査定とは?

不動産売却における机上査定とは?

机上査定とは、近隣における類似物件の取引相場や物件の条件などのデータに基づいて査定額を算出する方法のことです。
簡易査定とも呼ばれ、目安の査定額を知りたいときに適しています。
たとえばマンションのように、取引事例が豊富な物件の査定額を調べたいときには机上査定を利用すると良いでしょう。

机上査定のメリット

机上査定には、以下のようなメリットがあります。
すぐに査定額がわかる
机上査定はデータに基づいて査定額を算出するため、翌日~3日ほどで結果を得られます。
早ければ当日中に結果がわかる場合もあるため、目安の金額を知りたいときに便利です。
また、査定にあたり現地で立ち会う必要がありません。
忙しくて立ち会いの時間を取れないときや、遠方にある不動産を売却したいときにもおすすめです。
査定依頼の手間がかからない
机上査定は簡易的な査定なので、不動産に関する情報を伝えるだけで査定依頼できます。
インターネット経由で査定依頼できる場合には、不動産会社の担当者と直接コンタクトを取る必要もありません。

机上査定のデメリット

机上査定を利用する際は、以下のデメリットにご注意ください。
正確な査定額ではない
机上査定はあくまでも簡易的なものです。
データのみを根拠としているため、現地訪問しなければわからないような個別の事情を反映できているとは限りません。
とくに一戸建ては個別性が高く、机上査定では正確な査定額を得られにくい点を踏まえて、査定依頼するようにしましょう。
改めて訪問査定を受ける必要がある
先述したとおり、机上査定では正確な査定額を得られにくいため、実際に売却できる価格と大きく異なる場合があります。
より正確な査定額を知るためには改めて訪問査定を受ける必要があり、二度手間となってしまいます。
そのため、机上査定を利用する際は、訪問査定も併用することを前提として依頼を進めることがおすすめです。
少しでも査定をスムーズに進めるため、机上査定を依頼する時点で必要書類などを確認しておくと良いでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却の際はインスペクションをするべき?メリットや費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における訪問査定とは?

不動産売却における訪問査定とは?

訪問査定とは、不動産会社の担当者が現地を訪問して査定額を算出する方法のことです。
データのみを根拠とする机上査定と異なり、より実態に即して査定額がわかります。

訪問査定のメリット

訪問査定には以下のようなメリットがあります。
土地や一戸建てでも適正な査定額がわかる
周辺環境や日当たり、眺望といった現地訪問で得られる情報を加味した査定がおこなわれるので、土地や一戸建てでも精度の高い査定結果を得られるメリットがあります。
机上査定でも高精度な結果を得られやすいマンションでも、より実際に即した査定額がわかるでしょう。
そのため、すでに売却することが確定している物件は訪問査定を利用することがおすすめです。
担当者と相談できる
なるべく早く不動産売却を完了したい場合には、査定の段階から準備を進めていくことが大切です。
訪問査定なら、その場で担当者に相談できるメリットもあります。
多少時間がかかっても高く売りたいのか、早期売却を優先するのかによっても、売り出し価格の設定は変わります。
訪問査定の際にその旨を伝えておけば、希望を考慮した査定額を算出してもらうことも可能です。

訪問査定のデメリット

訪問査定には、以下のようなデメリットがあります。
時間がかかる
訪問査定には時間がかかるため、とりあえず相場観を知りたいといった利用には不向きです。
現地調査自体は1~2時間程度で完了しますが、結果が出るまでには1週間ほどかかるためです。
現地での立ち会いが必要
訪問査定は室内の調査もおこなわれるので、基本的には現地での立ち会いが必要です。
そのため、予定を調整する手間がかかる点に注意しましょう。
なお、鍵を預ければ立ち会いなしでも訪問査定は可能です。
遠方にある物件の訪問査定を依頼する際は、鍵を預けての対応が可能かどうかご確認ください。

訪問査定を依頼するときにやっておくこと

訪問査定は机上査定よりも手間がかかるので、依頼前に以下の準備をしておくことをおすすめします。

  • 必要書類の用意(取得時の売買契約書、物件の設計書・図面など)
  • 室内の清掃・整理整頓
  • 設備の点検(故障や不具合の有無などの確認)

物件に関する情報は多ければ多いほど、査定額も正確なものに近づきます。
そこで、売買契約書や設計書、図面などがあれば用意しておきましょう。
また、現地調査をスムーズに進めるため、室内の清掃はもちろんのこと設備の点検も済ませておくことをおすすめします。
もし修繕が必要な状況が判明した場合でも、売却活動に向けての対応について相談できるためです。

この記事も読まれています|不動産売却の際はインスペクションをするべき?メリットや費用も解説!

まとめ

不動産売却における査定とはどのようなものなのか、ポイントやメリット・デメリットについて解説しました。
自分で価格相場を調べる際には、レインズ・マーケット・インフォメーションや土地総合情報システムが利用できます。
目安の査定額を知りたいなら机上査定、より正確な査定額を知りたいなら訪問査定が有効です。
高槻市を中心に不動産売却を検討している方は、ハウスドゥ高槻南店までお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-668-2246

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日、年末年始

関連記事

売却手続き

不動産買取

税金関連

売却査定

お問い合わせ