境界トラブルを未然に防ぐには?


不動産の土地を売却、相続する上で「境界」というポイントがあります。

土地のどこからどこまでが所有なのかは、自分自身だけの問題ではなく隣家の住人が関わってきます。

 

境界は隣人同士の合意によってその位置を変更できますが、登記上はその境界線が決まっています。

登記上の境界線と隣人との認識が同じことが理想ですが、実際そうではないケースも多く見受けられます。

その為、境界線の認識の違いや越境、境界標の亡失など、トラブルに発展しやすい問題となります。

トラブルを未然に回避できるよう事前の対策が必要です。

 

不動産を管理する上で大事なことは、確定測量を行い、境界を明確にしておくことです。

隣人の方の立ち会いが必要となるので、通常1ヶ月半〜3ヶ月ほど期間を要します。

事前に境界の位置を明確にし、書面に残しておくことでスムーズに土地の売却や相続を行うことが出来るのです。

また普段から隣人の方とコミュニケーションをとっておくことも重要です。

 

境界について一度見直す必要があると感じた方、

また既に隣人の方と問題に発展しそうだと感じている方は一度、当社にご相談ください。

信頼のおける専門家との連携をとり、経験豊富なスタッフがサポートいたします。

 

不動産を所有している限り境界線トラブルは誰にでも起こり得ることです。

お互いの財産に関わる問題でもあるので早めに明確にしておくことをお勧めいたします。

不動産をスムーズに売却する為、また日々の安心の為に境界の見直しをしておきましょう。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-668-2246

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日、年末年始

関連記事

売却手続き

不動産買取

税金関連

売却査定

お問い合わせ