売却後もマイホームに住み続けるには?


売却後もマイホームに住み続けるには?


自宅売却後も環境を変えずに住み続けることができるのか?答えはYESです。リースバックという仕組みを活用することで、売却後も引き続き自宅で生活できます。ただし注意点もあるため、リースバックの内容をしっかりと理解したうえで判断する必要があります。 「家を売却して老後資金を作りたいものの、引っ越し先の当てがない」「まとまったお金が必要で家を売却したいが、子どもたちの生活環境を変えたくない」このように考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは「リースバック」についてやメリット・デメリットについて解説します


リースバックとは


リースバックとは、セール・アンド・リースバックとも称され、所有する不動産などの資産を売って、同時にそれを借りる金融取引の手法です。 取引の対象が自宅である場合、まとまった資金調達と引越しの手間を省けるメリットがあります。お客様の大切なご自宅を不動産会社が直接買い取り、お客様はそのまま賃貸として今までと同様にお住み頂けるシステムです。将来的にそのお家を再び購入していただくことも可能です。

リースバックの仕組み

自宅など所有不動産を売却いただき、不動産会社が直接買い主となり、売買代金を一括でお支払いします。 売却と同時に賃貸借契約を締結することにより、売却した自宅にそのまま住み続けることができるので、引越し等は不要で近所の目を気にする必要はありません。 その後、毎月の家賃をお支払いいただきます。





ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-668-2246

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日、年末年始

関連記事

売却手続き

不動産買取

税金関連

売却査定

お問い合わせ